家庭教師で志望校合格

東京23区内で中高浪人生の家庭教師をしています。塾や予備校に頼らず、確実に志望校合格を目指します。当方の指導を希望する方は、ブログ内の面談要領をご覧ください。

志望校の過去問を徹底的に解くことの重要性と、それが家庭教師の支援なしには困難である理由

 

志望校の過去問を解く:家庭教師の支援が不可欠な理由

 

受験生にとって、志望校の過去問を解くことは、入試に向けた重要なステップです。しかし、この過程は多くの生徒さんにとっては、家庭教師の手助けなしには乗り越えられない壁となっています。

この記事では、なぜ家庭教師の協力が必要なのか、そしてどのようにして家庭教師が生徒さんの学習を支援できるのかを探ります。

 

問題の難易度

 

志望校の過去問は、その学校が求める学力の水準を反映しています。

多くの場合、問題は非常に高度であり、優秀な生徒さんでさえも一人で解くのが難しいことがあります。

家庭教師は、問題の背後にある概念を明確にし、解法の手順を段階的に教えることで、生徒さんが理解を深める手助けをします。

 

解法の多様性

 

過去問には、一つの問題に対して複数の解法が存在することがよくあります。

家庭教師は、生徒さんが様々な解法を学び、それぞれの長所と短所を理解することを支援します。

これにより、生徒さんは自分にとって最も適した解法を見つけることができます。

 

学習のギャップを埋める

 

生徒さん一人ひとりが持つ学習のギャップを特定し、それを埋めることは、過去問を解く上での大きな課題です。

家庭教師は、個々の生徒さんの弱点を把握し、パーソナライズされた指導を通じてそれらを克服するためのサポートを提供します。

 

時間管理

 

過去問を効率的に解くためには、適切な時間管理が不可欠です。

家庭教師は、生徒さんが時間を有効に使い、焦らずに問題を解くための戦略を教えます。これにより、実際の試験での時間配分にも役立ちます。

 

モチベーションの維持

 

過去問を解く作業は、時には孤独であり、モチベーションを維持することが難しいです。家庭教師は、生徒さんが目標に向かって努力し続けることができるよう、精神的なサポートを提供します。

 

結論

 

ほとんどの塾や予備校では、過去問演習に消極的で、生徒さんの自主学習にゆだねているところがほとんどです。

確かに、大手塾や予備校主催の模擬試験で上位をとっていれば、志望校の合格可能性も上がることは否定できません。

しかしながら、たとえ大手塾や予備校での最大公約数的な問題で好成績がとれたところで、ご自分の志望校の傾向と異なっている場合もあります。

また、大手塾や予備校主催の模擬試験で成績が思わしくなくても、過去問演習を重ねることで合格した生徒さんも多数いらっしゃいます。

家庭教師を上手に利用して、志望校合格を勝ちとってください。

www.prokatekyo.net

早慶付属高校合格を目指すあなたへ:本当に今のままで大丈夫ですか?

 

有名塾に通っているだけで、合格できますか?

早慶付属高校を目指す皆さん、すでに〇ピックスや〇アカデミーなどの有名塾に通っていることと思います。

しかし、本当に今のままで、塾に頼るだけで、あなたの志望校に合格できますか?

 

現状を把握しましょう

あなたは今、塾の何番手のクラスに通っていますか?

もし、あなたが2番手以下のクラスに通っているなら、あなたのクラスから(あなたの塾からではなく)、あなたの志望校に何人が合格しているか、知っていますか?

 

トップクラスとそうでないクラスの差

大手の塾は、多くの場合、成績順にクラスを分けています。トップクラスとそうでないクラスでは、以下のような違いがあります。

  • 使用するテキスト
  • 実際に授業で使用するページ
  • 担当の先生
  • クラス分けテストの内容

トップクラスでは、より高度な内容を扱い、より多くの合格者を輩出しています。一方、2番手以下のクラスでは、合格率が低くなります。

 

厳しい現実

もし、あなたが中3の4月時点で、2番手以下のクラスにいて、塾の授業の勉強しかしていないならば、次の選抜テスト・クラス分けテストで1番の(トップの)クラスに移ることはかなり難しいでしょう。

 

さらに、そのまま受験の本番を迎えるならば、「あなたが2番手以下のクラスにいて、塾の授業の勉強しかしていないならば、第1志望校に合格することは困難でしょう」

 

大手進学塾は、成績の思わしくない生徒さんには冷淡であることを忘れないでください!

 

中学2年生までに差をつけよう!

中学2年生までは他の塾に通っていた人が、3年生から有名塾のトップクラスに入り、早慶付属高校に合格するケースも多くあります。

逆に、中学2年生以前からその有名塾に通っているのに、3年生になってもトップクラスに上がれない人も沢山います。

 

塾のネームバリューに惑わされないで!

あなたの通っている塾が有名で、早慶付属高校に沢山の合格実績があったとしても、

あなたがその中の一人になれるか、早慶付属高校に合格できるかは別の話です!

今一度、足元を見つめ直し、自分に合った学習方法を見つけましょう。

 

早慶付属高校は、学年トップでも普通に不合格になるという現実を受け入れ、中学生生活を勉強に集中してください。

ちなみに、私立に限定すると、マーチ付属高校はクラストップでも普通に不合格となり、クラスで真ん中以上の生徒さんのほとんどは日東駒専の付属高校に入学します。

 

塾のネームバリューだけに頼らず、自分の現状を把握し、必要な対策を講じることが重要です。

 

早慶付属高校合格に向けての具体的なアドバイス

  • 自分の学力レベルを把握し、志望校合格に必要な学力との差を分析する⇒実力の客観視
  • 自分に合った学習方法を見つける⇒見つけるまでもがく
  • 目標達成に向けて、計画的に学習を進める⇒早めのスタートと進捗管理
  • わからないことは積極的に質問する⇒家庭教師の活用
  • 模試や過去問を活用して、実力を確認する⇒志望校の過去問は7年分は潰したい
  • 早慶付属高校に関する情報を収集する⇒オープンキャンパス参加や入試を熟知した家庭教師に相談
  • モチベーションを維持するために、周囲のサポートを得る⇒家族のフォロー

早慶付属高校合格は決して簡単ではありません。しかし、努力を続ければ、必ず夢を実現することができます。

 

わたくしと一緒に栄冠を掴みましょう!

www.prokatekyo.net

国語ができないとGマーチ付属高校以上は難しい

 

高校受験において、国語を苦手とする生徒さんは、いわゆるGマーチ付属高校以上の合格は難しいと言われています。

 

では、なぜ国語で点数が取れない生徒さんは、英語や数学が得意でも合格の可能性が低いのでしょうか。

このブログでは、その理由と対策について掘り下げていきます。

 

国語の重要性

国語は、単に文学作品を読解するだけでなく、論理的思考や情報の整理・分析能力を問われる科目です。

これらのスキルは、他の科目や将来の学習にも大きく影響します。

国語の試験で良い成績を取るためには、文章を正確に読み取り、その内容を深く理解する必要があります。

 

英語のスキルとの関連性

英語が得意な生徒さんは、語彙力や文法知識が豊富であることが多いですが、これらのスキルは国語の学習にも直結します。

英語の読解力が高い生徒さんは、国語の読解力も高い傾向にあります。しかし、国語の得点が低いということは、読解力や論理的思考に課題があることを示しており、これが英語の成績にも影響を及ぼす可能性があります。

 

国語で点数が取れない原因

国語で点数が取れない原因は様々ですが、主なものとしては以下のようなものがあります:

 

語彙力の不足

十分な語彙がないと、文章の意味を正確に理解することができません。

 

読解力の欠如

文章の流れや論点を把握できないと、問題の要求する答えを導き出すことが難しくなります。

 

論理的思考の不足

論理的に物事を考える力が不足していると、文章の背後にある意図や論理を理解することができません。

 

英語が得意でも合格が難しい理由

上記国語のスキルは、英語のスキルと重なる部分が多くあります。

つまり、英語の長文読解では、文章の構造を理解し、論理的に情報を整理する能力が求められます。これは国語の読解力と直結しており、国語での読解力が低いと、英語の長文問題にも影響が出る可能性があります。

 

合格可能性を高めるために

国語の成績を上げるためには、以下のような対策が有効です

 

語彙力の向上

日頃から新しい単語を覚え、意味や使い方を理解しましょう。

 

 

読書の習慣

様々なジャンルの本を読むことで、読解力を高めることができます。

 

 

 

論理的思考のトレーニン

記事やエッセイを読み、その論点や論理構造を分析する練習をしましょう。

 

 

 

過去問の活用

高校入試の過去問を解くことで、試験の傾向と対策を理解しましょう。

 

 

 

国語のスキルは、高校受験だけでなく、その後の学習や生活においても非常に重要です。

英語が得意な生徒さんも、国語のスキルを磨くことで、よりバランスの取れた学力を身につけ、合格の可能性を高めることができます。

 

最終的には、国語と英語の両方で高い成績を取ることが、高校受験における成功への鍵となるでしょう。

 

このブログが、国語の学習に苦戦している生徒や保護者の方々にとって、有益な情報源となることを願っています。頑張ってください!

www.prokatekyo.net

 

jyuken-navi.hatenablog.com

 

jyuken-navi.hatenablog.com

 

公立中学生のための大学付属高校合格戦略 マーチ以上の大学付属高校合格へ!家庭教師が導く成功の鍵

 

 

 

マーチ以上の大学付属高校合格へ!

 

公立中学校に通う多くの生徒さんたちが、将来の夢を実現するために、マーチ以上の大学付属高校への進学を目指しています。

しかし、小学校時代にサ〇ックス等の有力塾に通っておらず、厳しい中学受験を経験しなかった生徒さんたちにとって、この目標は容易なものではありません。

そこで、効果的な学習戦略が必要となります。

 

 

なぜ家庭教師が推奨されるのか

 

一般的な高校受験塾、例えば〇稲田アカデミーなどは、一定の学力を持つ生徒さんを対象にしており、授業のペースも速いのが通常です(特に、Rクラスはお客様です)。

これに対して、家庭教師は生徒一人ひとりの学力や理解度に合わせて指導を行うため、学習の遅れを取り戻すのに最適です。

 

 

 

家庭教師のメリット

  • 個々の理解度に合わせたペースで学習が進められる

 

  • 苦手分野を重点的に克服できる

 

  • 学習計画を柔軟に調整可能

 

  • 質問や疑問をすぐに解消できる環境

 

 

 

家庭教師を選ぶ際のポイント

家庭教師を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

 

 

1、教師の経験と実績:マーチ以上の付属高校受験指導の経験があるか

 

2、指導スタイル:生徒のモチベーションを高めることができるか

 

3、フィードバックの質:定期的な進捗報告と具体的な改善策を提供するか

 

4、科目の専門性:特に苦手な科目を教える能力があるか

 

 

 

早期からの取り組みがカギ

中学1年生から家庭教師による指導を受け始めることで、基礎から応用までの知識を着実に積み上げることができます。

また、早い段階での取り組みは、受験に向けた心構えや学習習慣の形成にも役立ちます。

 

 

まとめ

 

公立中学校に通う生徒が早慶マーチ以上の有力大学付属高校に合格するためには、個別指導による家庭教師の利用が有効です。

〇稲田アカデミー等の塾に通うことも一つの手段ですが、個々のニーズに合わせた指導が可能な家庭教師の方が、より効果的な場合が多いです。

早い段階での取り組みが、成功への道を開く鍵となるでしょう。

 

 

 

この記事が、中学受験を控える生徒や保護者の方々にとって参考になれば幸いです。

もし、さらに詳細な情報や具体的な指導計画が必要であれば、家庭教師との面談をお勧めします。

 

www.prokatekyo.net

合格への道は一歩一歩です。

計画的に、そして着実に進んでいきましょう。

 

 

 

挫折からのリベンジ:家庭教師の価値~受験での挫折から学ぶ成長プロセス



 

受験は、多くの生徒さんとそのご家庭にとって重要なイベントです。

しかしながら、時には思うように結果が出なかったり、希望する学校に合格できなかったりすることもあります。

もし、ご父兄や生徒さんが受験で失敗を経験し、その後の道を模索しているなら、家庭教師の存在が大きな支えとなるかもしれません。

失敗を乗り越えて目指すリベンジ

受験に失敗したという経験は、多くの生徒さんやご家庭にとって大きなショックとなることがあります。

しかし、それはあくまで一つの段階であり、人生の全てではありません。

失敗から学び、次に進むためのチャンスと捉えることが大切です。

家庭教師は、そのような失敗から立ち直り、リベンジを果たすためのサポートを提供します。

個々の弱点や課題を把握し、効果的な学習計画を立てることで、次回の受験に向けて準備を進めることができます。

 

 

実力以上の学校に入学したが…

時には運の要素も受験に影響を与えることがあります。

実力以上の学校に入学できたとしても、ついていけないと感じることがあるかもしれません。

これはごく自然なことであり、学校のレベルに合わせた学習支援が必要です。

家庭教師は、生徒一人ひとりの学習スタイルやペースに合わせた指導を行います。

学校のカリキュラムと連携し、授業の予習・復習や苦手科目の克服をサポートすることで、学校生活を充実させる手助けをします。

 

 

塾・予備校に通っても結果が出ない

塾や予備校に通うことは、多くの場合効果的な学習方法を身につける手段です。

しかし、中には効果が上がらないと感じることもあるでしょう。そのような場合、個別指導の家庭教師が有効な選択肢となります。

家庭教師は、定期的なフォローアップとフィードバックを通じて、生徒の学習状況を把握し、必要なカスタマイズされたサポートを提供します。

そこで学ぶことで、塾や予備校での学習成果をより効果的に引き出すことができます。

 

 

いまの偏差値では到底不可能と思われる学校を希望

最後に、偏差値で判断される学校に挑戦したいという願いは立派な目標です。家庭教師は、そのようなチャレンジングな目標に向けて、最適な学習プランを提供します。

偏差値が低くても、それはあくまで一つの数値に過ぎません。

家庭教師は生徒のポテンシャルを最大限に引き出し、自信を持って受験に挑むためのサポートを行います。

その結果、想像もできなかったような成果を得ることも可能です。

 

 

jyuken-navi.hatenablog.com

jyuken-navi.hatenablog.com

 

総括:家庭教師が提供するサポートの価値

失敗や挫折から立ち直り、目標を達成するための一助として、家庭教師の存在は非常に大きな意義を持ちます。

個別指導によるきめ細やかなサポートは、受験勉強だけでなく、生徒の将来に向けた基盤作りにも役立ちます。

もし、受験での挫折や学校生活での課題に直面しているなら、家庭教師にぜひ一度相談してみてください。

失敗から学び、成長するプロセスを一緒に歩んでいくことで、より良い未来を築く一歩を踏み出すことができるでしょう。

 

 

www.prokatekyo.net

マーチ付属高校、あわよくば早慶付属高校を目指しているご家庭へ~家庭教師が支える高校入試: 厳しい競争環境を乗り越える方法

一緒に頑張りましょう

 

高校入試における家庭教師の重要性

高校入試は、多くの生徒にとって人生の重要な岐路となります。

特にマーチ付属高校以上や早慶付属高校など、名門校への合格を目指す場合、その競争は非常に激しく、高度な準備が求められます。

こうした学校に合格するためには、学校の授業だけでは不十分であり、家庭教師のサポートが最適な選択肢と言えます。

以下では、なぜ家庭教師が高校入試において重要かについて、その理由を探ってみましょう。

 

 

  1. 厳しい競争環境

まず第一に、マーチ付属高校以上や早慶付属高校などの名門校への合格は、非常に厳しい競争があります。

多くの生徒が同じ目標を持ち、限られた入学枠を争うことになります。このような競争環境下では、普通の学習スタイルではなかなか勝ち抜くことは難しいのが現実です。

 

www.youtube.com

 

  1. 個別指導の重要性

高校入試の準備において、家庭教師の利点は大きく、それは個別指導が可能であることです。学校の授業では、クラス全体に対する教育が行われますが、それぞれの生徒の理解度や進度は異なります。

こうした差を補うために、一人ひとりに合わせた学習プランやカリキュラムを立てることが重要です。

 

  1. カリキュラムのカスタマイズ

家庭教師は、生徒の弱点や不得意分野を見極め、それに合わせたカスタマイズされたカリキュラムを提供します。例えば数学が苦手な生徒には、基礎から丁寧に教え直すことができますし、英語に自信がない場合にはリスニングやスピーキングの練習を重点的に行うことも可能です。

これによって、生徒が抱える課題に焦点を当て、効率的に克服していくことができます。

 

  1. 学習スピードの調整

また、学習スピードも生徒によって異なります。家庭教師は生徒一人ひとりのペースに合わせて指導を進めることができるため、無理なく理解を深めることが可能です。

これによって、生徒が勉強に対するストレスを感じることなく、自信を持って学習を進めることができます。

 

  1. 模擬試験の分析

家庭教師は定期的に模擬試験を実施し、その結果を分析することができます。模擬試験の結果を元に、生徒の得意・不得意科目や問題の傾向を把握し、それに基づいた対策を立てることが可能です。

これによって、本番の試験に向けて効果的な対策を取ることができるでしょう。

 

  1. モチベーションの維持

家庭教師は生徒のモチベーションを高める重要な役割も果たします。

合格校への夢や目標を共有し、その達成に向けて励ましやアドバイスを与えることで、生徒が継続的に努力し続ける意欲を保つことができます。

 

www.youtube.com

 

  1. 受験対策の全体最適

以上のように、家庭教師は生徒一人ひとりのニーズに合わせた最適な学習プランを提供し、その成果を最大限に引き出すことができます。

これによって、受験対策全体を最適化し、合格への道をより確実なものにします。

 

  1. 費用の観点

もちろん、家庭教師を利用することには一定の費用がかかります。しかし、これは投資として考えるべきものです。高校入試で名門校に合格することは、将来の可能性を広げていくことができる大きなチャンスです。そのため、家庭教師にかかる費用は、将来の成功につながる重要な投資と言えます。

 

  1. 将来への影響

高校時代に名門校を卒業することは、大学進学だけでなく、その後の人生にも大きな影響を与えます。

良い大学で学ぶことは、将来のキャリアや社会的地位においても有利に働くことが期待できます。

家庭教師にかかる費用は、将来への投資として見ることができます。

 

  1. 時間と労力の節約

また、家庭教師を利用することで、生徒自身の時間と労力を節約することもできます。

業や学習に集中し、効率的に学ぶことができれば、他の趣味や活動にも時間を割くことが可能です。

これによって、生徒はバランスの取れた生活を送りながら、高校入試に集中することができます。

 

  1. 逆境への対処

さらに、困難に直面した際には家庭教師が頼りになる存在です。例えば、理解できない問題や苦手な科目について、家庭教師に質問し、指導を受けることができます。

このように、家庭教師は生徒が逆境に立たされた際にも、適切なサポートを提供してくれる頼もしい存在なのです。

 

  1. 最適な選択肢

以上の理由から、高校入試においてはお金はかかるものの、家庭教師が最適な選択肢であることは言うまでもありません。

家庭教師は、生徒一人ひとりのニーズに合わせたカスタマイズされた指導を提供し、受験対策を最適化します。

また、将来への投資としても考えられる費用は、その後の人生において多くの利益をもたらすでしょう。

 

www.youtube.com

 

  1. 成功事例の存在

さらに、家庭教師を利用して名門校に合格し、成功を収めた多くの事例も存在します。これらの事例は、家庭教師がどれほど効果的かを示すものであり、家庭教師を利用することの価値を証明しています。

 

 

jyuken-navi.hatenablog.com

jyuken-navi.hatenablog.com

jyuken-navi.hatenablog.com

jyuken-navi.hatenablog.com

 

 

  1. 最後に

高校入試は生徒にとって大きな試練ですが、適切なサポートを受ければ乗り越えられるものです

。家庭教師はその最適なサポートを提供し、生徒が目指す名門校への道を開いてくれるでしょう。

費用はかかりますが、その価値は将来の成功につながるものです。

 

以上のように、高校入試で名門校に合格するためには、家庭教師が最適な選択肢であることが明らかです。

効果的な指導とカスタマイズされたサポートを受け、将来への道を切り拓いていきましょう。

 

家庭教師は、名門校への合格を目指す生徒にとって、信頼できるパートナーであり、その存在は大きな意味を持ちます。

ぜひ、家庭教師を利用して、高校入試に備えた準備を進めていきましょう。

 

www.prokatekyo.net

 

  1. 結論

名門校への合格は、生徒の学業成績だけでなく、その後の人生に大きな影響を与えることがあります。家庭教師は、生徒がその目標を達成し、将来に向けて歩みを進めるための最適なサポートを提供します。費用はかかりますが、その価値は計り知れません。高校入試で成功を収めるためには、家庭教師を利用することが賢明な選択と言えるでしょう。

令和6年(2024年)大学合格手記

 

私について

 

私の高校の偏差値は52でした。

高校受験で失敗し、第2志望の高校でした。

自分なりにすごく勉強頑張っていたのですが第1志望に落ちてしまったため、どんなにやっても自分はできない人間だと思い、高1・高2は全く勉強しませんでした。

模試の偏差値は40~50くらいでした。

高2の3学期、三者懇談がありました。担任から「〇〇はFランしかない」と脅され、そこで自分がやばい状態にいると気づきました。

でも、勉強のモチベは0だったので、まぁどれだけ低い大学でも行けたらいいやと思っていました。

しかし、YouTubeを見るとFランは悲惨だったし、周りの友達は、高いレベルの大学を目指していて、そんな人達が朝早く学校に来て、放課後残って、休み時間を使って、ずっと勉強している姿を見て純粋に「かっこいいな」と思ったんです。

そこで、1年間頑張ってみようと思いました。

 

家庭教師

 

自分ではモチベが上がらないので、親に土下座して家庭教師をつけてもらうことになりました。高2の春休み頃です。

YouTubeでマーチに入れば困らないと言っていたので、マーチのどこでもいいでので入りたいと思いました。

夏休み前に、担任に○○(身バレ防止)を目指したいと言いました。

椅子からコケるような反応でした。今までの成績からすれば、当然の反応ですね。

でも、そのことで余計にやる気に火がつき、X先生(注:家庭教師であるわたくし)に土下座して頼みました。

あとから後悔したくなかったので、1日中ずっと勉強し続けました。

 

成績

でも、夏休み明けの模試で夏休み前に受けた模試と偏差値がほぼ変わりませんでした。赤本を解いても最低合格点まで100点以上ほど足りず、正直病みました(笑) 。

当時とても仲良くしてた友達はみんな推薦を貰っていたので、全部捨てて遊びたい気持ちになって、本当に諦めたいと思っていたのですが、遊ぶのを我慢して死ぬ気で勉強した夏休みが全部無駄になると思ったら恐ろしく、また、友達がたくさん応援してくれていて、そんな応援の声にも応えたく、やっぱり諦めきれませんでした。

 

覚醒と不安

 

そして、11月の模試でいきなり偏差値が60点台になりました。本当に驚きました。

クリスマスもお正月も勉強をし続け、年が明けた1月、過去問を解いて初めて合格最低点にのりました。

しかし、その時点でもう受験までラスト1ヶ月。本当に受かるか受からないかギリギリのラインだったと思います。2月に入り、不安だらけで夜毎日涙が止まりませんでしたが、それでもラストスパートで勉強し続けました。

 

結果発表

 

受験結果は、7学部中2学部受かりました。

本当に1年間頑張ってきてよかったなって全てが報われた気がしました。

大事なのは、何があっても諦めない気持ちです。

1年間本当に暗闇の中を歩いている気分でした。

受けた模試はほとんどC判定以下。

それでも、X先生を信じて勉強してきてよかったと思っています。

 

受験生の皆さんへ

 

最後になりますが、長いようで短く、短いようで長い受験勉強期間、モチベを保つことが最も重要と思います。

X先生との雑談で気分が晴れたことが何度もあります。

先生と親に感謝です。

皆さんも頑張ってください。

 

 

家庭教師からひと言

 

S君、大学合格おめでとう。

正直、初めは依頼をお断りしようと思っていました。

経験上、可能性が低かったからです。

でも、面談時のS君やる気とご両親の熱心さを信じて本当に良かったと思っています。

S君だけではなく、わたしくしにとっても勉強になった経験でした。

充実したキャンパスライフをお過ごしください。

 

www.prokatekyo.net